えいごのきほん by 英語好き集まれ!

「主語 + be動詞 + behind 〜」で「〜の後ろ(裏)に(主語)があります、〜の後ろ(裏)に(主語)がいます」という表現ができます。

この文の主語には、人名・地名のような固有名詞、また the や my・your などのついた特定の物事や人がきます。「Kenji is behind the stage.(健二はステージの裏にいる。)」や「The remote control is behind the TV.(リモコンはテレビの後ろにある。)」などです。

不特定の物事・人について「Two men are behind the stage.」や「A toy is behind the TV.」のようにいうと不自然な英語になるので、その場合は「主語 + be動詞 + behind 〜」の形ではなく、「There is 〜」や「There are 〜」を使うのが普通です。
  • Your bag is behind the chair.
    あなたのカバンは椅子の後ろにありますよ。
  • He is behind the tree.
    彼は木の後ろにいる。
  • My cats are behind you.
    私の猫たちがあなたの後ろにいます。
  • The village is behind the hill.
    その村は山の向こう側にある。
  • My daughter is behind the curtain.
    娘はカーテンの後ろにいる。
  • The apple orchard is behind our school.
    そのリンゴ園は私たちの学校の裏手にあります。
  • The picture was behind the book.
    その写真は本の奥にあった。
  • I was behind the door.
    私はドアの陰にいた。