えいごのきほん by 英語好き集まれ!

「主語 + be動詞 + in front of 〜」で「〜の前に(主語)があります、〜の前に(主語)がいます」という表現ができます。

この文の主語には、人名・地名のような固有名詞、また the や my・your などのついた特定の物事や人がきます。「Kenji is in front of the bank.(健二は銀行の前にいる。)」や「My cup is in front of the teapot.(私のカップはティーポットの前にある。)」などです。

不特定の物事・人について「Two men are in front of the bank.」や「A cup is in front of the teapot.」のようにいうと不自然な英語になるので、その場合は「主語 + be動詞 + in front of 〜」の形ではなく、「There is 〜」や「There are 〜」を使うのが普通です。
  • My bicycle is in front of the bank.
    私の自転車は銀行の前にある。
  • Your watch is in front of the TV.
    あなたの腕時計はテレビの前にありますよ。
  • Meg and her sister were in front of their house.
    メグと彼女の妹は、自宅の前にいた。
  • The bus is in front of the hospital.
    そのバスは病院の前にいます。
  • His car was in front of the station.
    彼の車が駅前にあった。
  • This cat was in front of my house.
    この猫は家の前にいたのよ。
  • My father's cell phone is in front of the computer.
    父の携帯電話がコンピューターの前にある。
  • The man was in front of your office.
    その男はあなたの事務所の前にいました。