えいごのきほん by 英語好き集まれ!

「主語 + be動詞 + next to 〜」で「〜の隣に(主語)があります、〜の隣に(主語)がいます」という表現ができます。

この文の主語には、人名・地名のような固有名詞、また the や my・your などのついた特定の物事や人がきます。「Kenji is next to Miki.(健二は美紀の隣にいる。)」や「My cup is next to your cup.(私のカップはあなたのカップの隣にある。)」などです。

不特定の物事・人について「Two men are next to Miki.」や「A cup is next to your cup.」のようにいうと不自然な英語になるので、その場合は「主語 + be動詞 + next to 〜」の形ではなく、「There is 〜」や「There are 〜」を使うのが普通です。
  • Marie is next to Bob.
    マリーはボブの隣にいます。
  • The temple is next to the post office.
    その寺は郵便局の隣にあります。
  • My favorite bakery is next to the library.
    私のお気に入りのパン屋さんは図書館の隣にあります。
  • Is his house next to the fire station?
    彼の家は消防署の隣にあるのですか。
  • The department store is next to the subway station.
    そのデパートは地下鉄の駅の隣にある。
  • Tom's house is next to ours.
    トムの家はうちの隣です。
  • Is my seat next to Ryo's?
    私の席は凌の隣ですか。
  • Her room is next to mine.
    彼女の部屋は私の隣だ。