えいごのきほん by 英語好き集まれ!

「〜があります」の表現on(〜の上にあります)

「主語 + be動詞 + on 〜」で「〜の上に(主語)があります、〜の上に(主語)がいます」という表現ができます。

この文の主語には、人名・地名のような固有名詞、また the や my・your などのついた特定の物事や人がきます。「Kenji is on the stage.(健二はステージ上にいる。)」や「My cup is on the table.(私のカップはテーブルの上にある。)」などです。

不特定の物事・人について「Two men are on the stage.」や「A cup is on the table.」のようにいうと不自然な英語になるので、その場合は「主語 + be動詞 + on 〜」の形ではなく、「There is 〜」や「There are 〜」を使うのが普通です。

on は「〜の上に」というイメージですが、天井や壁に貼りついていることも表すので、日本語に訳す時には「〜に」とする方が自然な場合もあります。
  • My glass is on the table.
    私のグラスはテーブルの上にある。
  • His dictionary is on the desk.
    彼の辞書は机の上にある。
  • Her poster is on the ceiling.
    彼女のポスターは天井にある。
  • Why is your father on the roof?
    あなたのお父さんはなぜ屋根の上にいるの?
  • Our school is on Sakashita Street.
    私たちの学校は坂下通りにあります。
  • His photos are on the wall.
    彼の写真が壁にあります。
  • Your sunglasses are on the notebook.
    あなたのサングラスはノートの上にあります。
  • Is Misaki Bank on this street?
    みさき銀行はこの通りにありますか。