えいごのきほん by 英語好き集まれ!

「〜があります」の表現under(〜の下にあります)

「主語 + be動詞 + under 〜」で「〜の下に(主語)があります、〜の下に(主語)がいます」という表現ができます。

この文の主語には、人名・地名のような固有名詞、また the や my・your などのついた特定の物事や人がきます。「Kenji is under the tree.(健二は木の下にいる。)」や「My bag is under the table.(私のカバンはテーブルの下にある。)」などです。

不特定の物事・人について「Two men are under the stage.」や「A bag is under the table.」のようにいうと不自然な英語になるので、その場合は「主語 + be動詞 + under 〜」の形ではなく、「There is 〜」や「There are 〜」を使うのが普通です。
  • My sons are under the tree.
    私の息子たちは木の下にいる。
  • His bag is under the desk.
    彼のカバンは机の下にある。
  • The cat is under the chair.
    そのネコは椅子の下にいる。
  • Is your dog under the bench?
    あなたの犬、ベンチの下にいるの?
  • Cathy and Jim were under the bridge.
    キャシーとジムは橋の下にいた。
  • This book was under my bed.
    この本は私のベッドの下にあった。
  • The ball was under my father's car.
    そのボールは父の車の下にあった。
  • The key is under the vase.
    鍵は花瓶の下にあります。